設定のぶれ(2)

dochu.jpg
 設定のぶれの話の続きです。「社長道中記」で加東大介は総務部長というのがメインで語られていますが、あるシーンでは専務と呼ばれ、ゴルフ場のシーンでは森繁が加東を営業部長として相手に紹介しています。別に専務や営業部長が設定されているわけではなく、言い間違いではないと判断して、私は専務取締役総務部長兼営業部長と解釈して記述することにしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です