「社長紳士録」でシリーズ終了?!

shinshiroku.jpg
 社長シリーズは「社長紳士録」続編を最後に終わるはずでした。このため、「社長紳士録」続編のエンディングシーンは洋行する森繁社長を囲み、オールキャストとも言える出演者による「蛍の光」の合唱となっています。そこで森繁は台詞として「最後に一言。これまでの長い間、社長シリーズ・・・」としゃべり、シリーズが終わることを暗に告知しています。ところがドル箱作品となっていたこのシリーズの終焉に各地の映画館興行主から継続を求める声が集まって、「社長忍法帖」が作成されることになりました。
 この続編のキャストを見ると、制作の藤本真澄や脚本の笠原良三、それに歴代のシリーズの監督の名前が特別出演としてクレジットされています。蛍の光のシーンで見慣れない素人顔の人が数人並んで映りますが、この一行がそうなんだなと思えます。但し、それぞれが誰なのかは私には分かりませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です