設定のぶれ

ninpocho.jpg
 映画での設定がぶれて、整合性が取れないところなどが出てきます。「社長忍法帖」で万才生命の社長は「独身主義の女好き」と三木のり平が会話の中で言っていますが、後半にこの社長の奥さんという人が出てきますし、キャストの一覧にも、その社長の妻としてクレジットされています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です